紹介予定派遣ってどんなもの?

管理薬剤師の企業への転職は紹介予定派遣がおすすめ

今の職場が自分の希望条件に合わなかったり、新しい場所で自分の可能性を試してみたい時、転職という選択をすることがあります。でも通い慣れた職場を後にし、新しい仕事先に向かうのは不安もありますし、本当にやっていけるのか自信が持てないという人もいるでしょう。
管理薬剤師が製薬会社で仕事をする内容

そのため最近では紹介予定派遣という形をとる企業が増えています。最初は派遣社員となって、派遣会社に雇用されるのです。そして半年程度企業で働いたところでお互いの感触が良ければ正社員として企業に採用されることになります。

とくに、これまで調剤薬局で働いてきた薬剤師が新たに臨床開発の仕事に就くなど、仕事内容がガラッと変わる時にメリットのある制度です。薬剤師としてのキャリアがあっても、それが企業で通じるかどうかを不安に感じる人も多いからです。

臨床開発を行う企業としても、経験を積んだ薬剤師を採用したいのですが、薬剤師の人が新しい仕事に不安を感じて入りづらいという問題があり、それを解消するためにも紹介予定派遣という制度を利用しています。
一般社団法人 静岡市薬剤師会

もちろん、一度派遣という形で働いてみて、どうしても現場になじめないようならそこで契約を終了することもできます。企業に就職して退職したという履歴が残らないので、薬剤師の側にもメリットがある制度です。

それではここで、実際に紹介予定派遣を経て正社員になるまでの流れを簡単に説明してみたいと思います。まず最初に派遣会社に登録し、自分の希望に合った仕事先を紹介してもらいます。紹介してもらった企業が気に入ったら、派遣会社のスタッフと共に企業にて詳細な説明を受け、面接を行います。

紹介予定派遣の期間は最長6ヶ月と定められていますから、それまでの間派遣社員として企業で働きます。契約期間の終了が近付いたら、今後の意思確認を行います。このまま企業で働きたいのか、それとも終了したいのか、どちらかの気持ちを伝えることになります。

このまま企業で働くことになった場合は、正社員として採用されることになります。すでに派遣社員として働いた経験があるので、安心して仕事に取り組むことができるでしょう。

若い人が多い職場に親の歳くらいの新人薬剤師が勤務するのは違和感ある?

薬剤師の転職は、特に何歳になって行っても大丈夫ですし、パートやアルバイトならば40~50代で入ってもおかしくはありません。しかし、現在薬剤師の人口は増えてきており、従業員がみんな20~30代の若い人ばかりということも珍しくはありません。若い人ばかりが勤務していて、10~20歳も年上の自分が一番新人という状況は、自分では平気でも、周りがどう思うのか気になりませんか?

現役で勤務している薬剤師によると、若い薬剤師だけが勤務している中に一回りや二回り年上の人が、新人として入ってくるのは確かに違和感があるようです。しかし、若い薬剤師ばかりが勤務している分、キャリアをきちんと積んできた年上の薬剤師が入ってくるということに関して、歓迎してくれる職場のほうが多いようです。

最初は違和感が感じられるかもしれませんが、人生や仕事の先輩として、相談役になってくれる頼もしい存在として接してもらえるようになると思います。なので、若い人が多い職場だろうと、了承した上で受け入れてもらえるのならば、特に違和感に関しては気にしなくても良いと思います。

そして、薬剤師にとってとても大切なのは、人ときちんとコミュニケーションをとっていくといいうことです。若い薬剤師の中には、コミュニケーション能力があまり培っていない人、臨機応変な対応がなかなかできない人も多いと思います。そんな時に、長年の経験を生かして、若い人の見本となるような対応ができるのが、キャリアをきちんと積んできたベテラン薬剤師です。

この先薬剤師は、コミュニケーション能力がますます必要となってくる時代がやってきます。患者さんとその家族はもちろん、病院の関係者や製薬会社など、薬剤師が関わる人はたくさんいて、それぞれコミュニケーションをとっていかなくてはなりません。

それはいつの時代も同じでは?と思うかもしれませんが、現在徐々にですが、複数の病院からひとりの患者さんが処方箋をもらって、それをひとつの薬局で調剤してもらうという時代になってきているのです。そのため、それぞれでコミュニケーションをとるということが、とても大切になってくるのです。

40代や50代だから、若い人ばかりの職場は不安だと思う気持ちもわかりますが、対応は違えど、歓迎されることがほとんどですので、胸をはって転職をしても大丈夫だと思います!