助産師の活躍を覗いてみましょう!

助産師の仕事内容とは

助産師の仕事内容は、もちろん安全に赤ちゃんを取り上げることです。しかし、それだけが助産師の仕事内容ではありません。助産師が関わっていくのは、出産だけでなく、出産前、そして出産後も女性に関わっていく仕事内容となります。

まず、出産前には、母親学級や父親学級などが開催されています。そういったセミナーを開催することで、出産に対する不安感や恐怖感を取り除いたり、親になるための自覚を促したりします。さらには、こういった産前教育を行うことにより、家族計画の指導を行います。

また妊娠期間中に妊婦さんが健康で安全なお産ができるように、定期健診の時に、血圧や腹囲、子宮の大きさ、むくみなどがないかどうかなどを検査します。もし異常があれば、産婦人科医師とともにその原因を探り、食生活など生活習慣に問題があれば、生活指導も行っていきます。

また、すべてのお産がスムーズとはいきません。高齢出産や多胎児出産などハイリスクの妊婦もいます。そういった妊婦に対する精神的なケアや指導も助産師の仕事になります。このように出産までの健康管理とともに、妊婦さんの精神的ケアを行うことも助産師の仕事の一部です。

やはり最も助産婦が活躍するのは出産時です。医療技術がいくら進んだとはいえ、依然出産というのは危険と隣り合わせといえます。しかも、母親と赤ちゃんのふたつの命を任せられているのですから、その重責やプレッシャーは並大抵のものではありません。

無事出産が終わっても助産師の仕事は続きます。出産後はお母さんの体調の管理、母乳指導、乳児指導と大忙しです。

新米ママさんが多いため、おっぱいをうまく出せなかったり、産後の出血が続いたり、急激にホルモンバランスが変わってしまって精神的に鬱状態になってしまったりと、さまざまなトラブルに対処してできるだけベストな状態で退院させなくてはなりません。

このように、助産師の仕事は、ひとつの命がお腹の中で育まれ、生まれ、成長するという一連の営みに深くかかわっていく仕事です。

↑ PAGE TOP