助産師の年収はどこも高額?

助産師の年収は高いか低いか

医師や看護師などの医療機関で国家資格を持って働く人たちの年収は、他の一般企業で働く同じ年代の人に比べて、高い収入を得ています。もちろん給料の高低は、働くエリアによっても違ってきます。比較的東京を中心とした首都圏エリアでは、病院の数も多いということもあって高くなる傾向にあります。

また、助産師の数が少ないということもあり、各病院が助産師を確保するのが難しくなっている現状、年収を含めて待遇面をよくしてなんとか助産師を集めようとしているため、助産師の年収は年々高くなってきています。

看護師の平均年収はだいたい400万円~450万円といわれています。そんな中で、助産師の年収は530万円前後が平均年収となっているので、かなりの高収入といってもいいでしょう。

助産師は、看護師の資格を取得してはじめて助産師への受験資格が得られるので、助産師は看護師と助産師の両方の知識、技術を持った医療従事者ともいえるため、看護師よりも高い年収が設定されています。

とはいえ、看護師も同じですが、助産師の場合の過酷な労働を考えるとこの年収が果たして高いのかというのは疑問が残ります。

分娩はいつ始まるか、そしていつ終わるのか分かりません。ひとたびお産が始まれば、休日も休憩もなく、長時間妊婦の傍らにいなければなりません。

常に24時間臨戦態勢でいなくてはなりませんから、そのため、助産師にとって、夜勤は必ず付いて回るものです。さらに、スムーズにいくお産ばかりではありません。ハイリスクの妊婦さんには細心の注意を払わなくてはなりませんし、精神的にもストレスに負けない強い心が要求されます。

このように助産師の仕事は身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。そのハードな仕事に見合った年収をもらうというのは当たり前のことです。

助産師は、看護師の資格を得てからチャレンジする資格ですから、看護師に比べると平均年齢は少し高くなります。そのため、経験も考慮され平均年収も高くなっています。

↑ PAGE TOP