独立をお考えの助産師は必見です!

助産師でも独立できるの?

助産師として働く方法は「病院で働く」「産婦人科医で働く」あるいは「行政機関で働く」そして個人で「助産院を開業する」という選択肢があります。助産師で独立して助産院を開業するには臨床経験はもちろんのこと専門知識、責任の自覚、技術の確かさが必要になってきます。

実際にデータを見てみると病院で働く助産師の数は2万人近く、診療所では7千人、そして助産所は2千人となっています。この数字からうかがえるように助産師で個人病院を開くという人は非常に少ないことがわかります。

助産院を開業するにはとにかく金銭的にも準備が必要ですし、病院に勤務している時よりもずっと大変なことが多いのです。独立開業が認められている助産師でも現実にはとても難しいのではないでしょうか。

やはり、病院をひとつ開院するということは非常に費用がかかります。人件費はもちろんのこと医療の世界では常に最新の医療機器が要求されます。それでも、独立したいと願っている人には、それまでに経験してきたお産のあり方に疑問を呈している人が多いようです。

たとえば、本来は自然に分娩するべきお産が、まるでベルトコンベアーに乗るようにして陣痛促進剤を使ったり、担当医師の都合によって分娩時期を調整したりして、出産時の事故が多発するなど、現場にいて常に疑問を持ち始めた助産師が開業する例が多くあります。

そういった開業医の中には、独自の出産方法や総合病院では得られないじっくりと丁寧な診療、さらに妊婦へのメンタル的なサポートの充実などが特徴となって、次第に口コミで実績を評価されるようになってきています。

助産師が開業するためには、医療機関での経験を積んでおくことは必須でしょう。さらに、妊婦のそれぞれの健康状態をきちんと把握して、正常分娩ができるのか、医療機関にゆだねた方が安全なのかを判断するのもたくさんの臨床経験から判断できるものです。

自分なりのお産のあり方を実現することが開業独立の出発点ですが、まずは母子の生命を守るという立場でじっくり考えてみましょう。

↑ PAGE TOP